馬路村ふるさと納税特設サイト

馬路村は地域の資源を活かした村づくりに精一杯取り組んでいます。みなさまの応援、お待ちしております。

MENU

返礼品予約フォーム

~都会と村との想いをつなぐ~
「馬路村・鯉のぼり揚げ隊」

男児の誕生を祝い、健やかな成長を願う。
たくさんの想いと希望を抱き、馬路村の青空と森の風を受け、悠々と泳ぐ鯉のぼり。
立てる場所がないけれど、揚げ降ろしも手伝えないけれど、
どうしても、どうしても、鯉のぼりが青空に泳ぐ姿を、孫に息子に見せてあげたい。
そんな御祖父母や御両親の想いを代行して馬路村で「鯉のぼり揚げ隊」が動き始めます。

初夏の風物詩であった鯉のぼり。季語にまでなったこの風景が全国各地で見られるかといえば、決してそうではありません。
揚げる場所がない都市周辺では、核家族化や共働きのなども影響し、鯉のぼりを断念させざるを得ない状況が生まれています。
馬路村では揚げる場所があるのに子ども(男の子) が少ない、少子化の悩みがあります。

「都会では鯉のぼりを揚げる場所がない。」
「毎日の揚げ降ろしが出来ない。」
「でも、孫・息子の誕生を祝い、鯉のぼりを立ててあげたい…」
都会では鯉のぼりを揚げる場所がない
「馬路村は設置場所はあるのに、少子化で子どもが少ない…」
「また大空に泳ぐ鯉のぼりを見たい!」
馬路村を流れる安田川
そんな願いを「馬路村・鯉のぼり揚げ隊」が叶えます!

馬路村は、悠々と泳ぐ鯉のぼりの風景をぜひ取り戻したいと切に願っています。都会と村の様々な願いを一つにして、子どもの成長を見守るご家族想いの実現と、都市との交流拡大による村の活性化を目指します。

「鯉のぼりの代行」って?

「揚げる場所を確保できない」「毎日の揚げ降ろしができないのであきらめている」
そんな方の為に、お孫さんや息子さんの鯉のぼりを馬路村に設置し、毎日の揚げ降ろしを代行いたします。

① 設置場所
・高知県安芸郡馬路村大字魚梁瀬(魚梁瀬丸山公園)
② 期間
・2017年4月17日(月)~5月14日(日)
・7歳(小学校1年生) になるまで毎年掲揚
(期間中の任意選択可能)
③ 特典
・フォトアルバム(CD-ROM 付)
(竿の伐採から掲揚時の様子を、1冊のアルバムにしてお渡しします)
・魚梁瀬森林鉄道乗車券
・記念品
④ 設置日について
・竿+鯉のぼり、フラフの立ち上げを行います。
・2017年4月17日(月) 大安日
 天候により、日程が変更になる場合があります。
⑤ 支払方法について
・設置費を指定口座へお振込みください。
・管理費は年度毎に請求いたします。
⑥ 申込締切日
・2017年2月28日(火)
【2017年設置数/ 最大6本まで申込可(先着順)】
*申込数が3本に満たない場合は、事業を実施しませんので予めご了承ください。
「鯉のぼりの代行」って?

高知県の鯉のぼり

 端午の節句、中国後漢書の故事、門を登り切った鯉が竜に姿を変えたという故事にちなみ、男児の健やかな成長と出世への願いを込めて揚げられる鯉のぼり。江戸時代の武家から始まり、各家庭の庭先に雄大に泳ぐ姿がみられます。
 高知県では、鯉のぼりと共に「フラフ」を揚げます。「フラフ」とは、端午の節句のお祝い印としての鯉のぼりと共に揚げる大きな絵旗のこと。金太郎や那須与一、名前を中心とした様々なデザインがあります。
フラフの一例
※ 鯉のぼり/フラフは、お客様自身にご用意いただくようになります。
  2017年4月10日(月)までに、「馬路村ふるさとセンター」へ郵送してください。
※ 竿の長さは12m程度ですので、鯉のぼりは「黒鯉5m」、フラフは「3 布大(3.0m × 4.5m)」が適正寸法となります。

代金に含まれる代行作業について

  • ・柱(土台)の手配 / 加工 / 文字入れ(手書き) / 埋設(設置)
  • ・竿の伐採 / 皮剥ぎ / 設置
  • ・期間中の鯉のぼり、フラフの揚げ下げ(悪天候を除く)
  • ・当年期間後の撤収 / 保管 / 次年度以降の設置 / 撤収
設置の様子
コース名 ポイント 納税額
竿1本コース 13,000pt 145,000円
竿2本コース 22,000pt 245,000円

下のフォームに必要事項を入力し、「入力した内容を確認」をクリックして下さい。

本予約は確定ではありません。
予約申し込み後、確認用の自動配信メールが届きます。その後、馬路村より返礼品についてご案内させていただきます。

※の項目は必須項目です。必ず入力して下さい。

返礼品予約者の情報
お名前
ふりがな
ご住所
お電話番号

(ハイフンなしで入力してください)例:088XXXXXXX
メールアドレス
予約内容
「馬路村・鯉のぼり揚げ隊」に予約申し込みをする
備考